株式会社ネスクト大阪本社

LUXURY ISM ~ラグジュアリーイズム~

ネットワークシステムを中心としたトータルソリューションを取り扱っておられる、株式会社ネスクト大阪本社様の増床及びレイアウト変更工事のプロジェクトマネジメント、設計デザインを担当させていただきました。

同フロアの増床のうえ、レイアウトを大きく変えるご要望だったため営業の滞りがないように計画することが課題となりました。そこで工事期間中4回のフェーズで組み立て、従業員様が常に営業できる環境を整えることができました。

エントランス

本物志向の美しさを表現したエントランス

以前のダークでモダンな印象のエントランスデザインの高級感を残しつつ、さらなるネクスト様のイメージアップのために、上質さと明るさをプラスさせたエントランスにしたいというご要望をいただきプランニングが進行してまいりまさした。
そこで、高級ホテルの佇まいのような上品なエントランスを目指し、本物志向の美しさを演出しました。
様々な質感の素材を取り入れ、メリハリのあるムーディーな雰囲気を間接照明と天井照明を取り換えることで『ラグジュアリーな空間』を表現しました。

マテリアルへのこだわり
マーブル模様の石目のタイルとマットな白壁、そして会議室はガラスの間仕切りとしたことでスッキリとした透明感を強調し、スタイリッシュさをプラス。
アッシュ系のウッドをアクセントに入れることで、明るく上品ながらも温かみを感じられるエントランスデザインとなりました。

社長室

社長室は運気の上がる方角に
今回のレイアウト変更で大きなポイントとなったのが、社長室の配置変更でもありました。見渡しも良く、恵方となる方向に社長室を持っていきさらなる企業の飛躍を願いたいとの思いでした。

こだわりのオーダー家具
お客様でオーダーされたこだわりの家具に合わせて空間作りを行いました。
重厚感のあるこだわりの一部屋となりました。

石目調を基調にダンディズムなインテリア
重厚感を意識し、石目を用いたダークなインテリアで統一しました。
男性的なかっこよさを追求しコーデネイトしました。
壁面のタイルは、一枚一枚柄目を見ながらデザイナーと職人で貼り分け、こだわった部分です。

役員会議室

特別なステイタスを感じられる空間に
角部屋に配置した役員会議実は、眺めも大変良く、ステイタスを感じられる一角です。エントランスや社長室とテイストを合わせた高級感のあるインテリアといたしました。

工期×機能性×デザイン性のバランス

プロジェクトの課題であった3つの要素
“工期✖️機能性✖️デザイン性”をどのように進めていくかお客様の悩みを、オフィスプロジェクトマネジメントとして問題解決に向かい取り組ませていただきました。

PROPERTY INFORMATION物件情報

エリア:大阪府大阪市  / 
利用人数:51人~100人以下

DESIGN COMPANYデザイン会社

お問い合わせ

ページ上部へ