日本化工食品株式会社

細部へのこだわりが光る、品格のあるオフィス

天然調味料・食料品やふりかけの原料素材等を販売されていらっしゃる、
日本化工食品株式会社様の東京本社オフィスのご移転プロジェクトを担当させて頂きました。

「現事務所内で活用できていない空間が多く、規模を適正に縮めることでランニングコストを削減したい」といった理由でご移転される計画が進む中、
「全体としての予算を重視しながらもできるだけ恰好良く」を実現させるため、お客様と現地でご相談させて頂きながら、壁紙や間仕切表装の仕上げを決定していきました。

円滑かつ綿密なお打ち合わせがご移転プロジェクト成功の鍵

お話を頂いた段階では競合他社様も候補としていらっしゃったとのことでしたが、
対応などの面でご評価を頂き、早々に弊社に業者決定をして頂けました。

それにより、素材選びなどのデザイン面や、詳細な工事内容などの具体的なお話に早々に取り掛かることができました。
工事開始まで約1か月というタイトなスケジュールの中でも、デザイン面でこだわりたい部分や予算配分についての検討にあてる時間が十分にとれ、ご満足頂ける結果となりました。

エントランス

間仕切パーティションの一部分に不燃性の石膏ボードを貼り、壁紙仕上げをしております。
アクセントとして少し作りの違う部分を混ぜることで空間にメリハリを生み、エントランスらしく引き締める効果を狙っております。

全体的に落ち着いた色味で統一しながら表面の素材感を大切にするため、
間仕切の仕上げはサンプルを複数取り寄せた中で質感のあるものをご選定頂きました。
サインや電話台もシンプルなもの、華美でない落ち着きのあるものを選定し、上品さのあるエントランスにまとまりました。

会議室

既存の壁と床のタイルカーペットに合わせたモノトーンの色調の間仕切りとしながら、
近づいてよく見ると表情のある素材をしつらえております。
白のパーティションはフレームのみ黒の切り替え色としており、シンプルながら細部にデザインのエッセンスが効いた会議室となりました。

PROPERTY INFORMATION物件情報

エリア:東京都中央区  / 
利用人数:1人~10人以下

DESIGN COMPANYデザイン会社

お問い合わせ

ページ上部へ